忍者ブログ

穴の空いたくつした

ポケモン擬人化企画用のブログ。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

R.N!企画:ウルミー詳細設定

詳細設定です。
外見設定(画像はないです)

・両サイドの黒い髪のような部分はピアスです。めったにとりません。
・スカートのようなところには剣の鞘が縫い込んであります。
戦闘になったらそこから出す感じです。
・剣のデザインはあまり深く考えてないです… こんな親ですいませんorz
・歳の割に背は低めです。
はっきりした数字は考えていませんが、160cm後半程度かな、と。


過去に関する設定(長い上雑です)

ウルミーは、ある有名な資産家の一人息子として生まれました。
唯一の跡取りとしてそれはそれは大切に育てられます。
ですが、はた目から見ればそれは明らかに過保護の域を超えたものでした。
また、家の敷地から一歩出れば莫大な資産を狙う悪人が大量にいました。
誘拐され身代金を要求されたことも一度や二度ではありません。
そんな中で彼は「大切な跡取りを失うわけにはいかない」という言葉のもとに
広い屋敷の中で束縛された毎日を過ごします。

ある日、ついに嫌気がさした彼は
父親がとても大切にしているペンダントを盗んで家を出ると、
通りがかりの青年に「自分を誘拐して外へ連れ出してほしい」と頼みます。
当然屋敷は大騒ぎになり、何人もの追っ手が放たれましたが
昔教え込まれた剣術を使って返り討ちにしていました。
今でも剣の腕がいいのは、おそらくこの頃の経験からだと思われます。

やがて、ウルミーが持ち出したペンダントが家の跡継ぎの証であること、
屋敷が追っているのは彼ではなくこのペンダントそのものであること、
そして屋敷の人間はウルミーの存在そのものを消そうとしていることが判明します。
一緒にいるうちに仲良くなり、ウルミーにとって初めての友達だった青年にも裏切られ、
ショックを受けた彼は追っ手と共に青年も殺してしまいます。

その後あてもなくさまよい歩いていたところをマフィアの方に勧誘され、今に至ります。

他人に恐怖を感じるのも、また信頼する人の前でも過去を明かさないのも、
全てはまた裏切られるのが怖いからです。
昔盗み出したペンダントは今でもつけていますが、それに関しても一切話そうとしません。
(ただペンダント自体が有名な品なので、一部の方にはバレてるかもしれません…w)
女の子とよく間違われることに関しては、正体がバレないようにするのに都合がいいと思っています。


ちなみに、ウルミーは本当の名前ではありません。
誰にも明かそうとしませんが、本当の名前はヴィオラッセ・グリーゼ といいます。
PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

カレンダー

08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新記事

プロフィール

HN:
千草はる
性別:
女性
自己紹介:
名前の読みはちぐさ はる。
読みづらい上変換しづらいので
好きなように呼んでください。
何かありましたらpurindayo_9○yahoo.co.jpまで
ご連絡くださると幸いです。

スカイプID:hal_strb
Wi-Fi始めました(別窓)
twitterも始めました
Copyright ©  -- 穴の空いたくつした --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by Didi01 / Powered by [PR]

 / 忍者ブログ