忍者ブログ

穴の空いたくつした

ポケモン擬人化企画用のブログ。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

私は自分のキャラにry 3

タイトルが長いので省略←
引き続き地雷バトンです。

本当は5日にアップする予定だったのですがいろいろあって遅くなりました。
あといろいろ飛ばしたい微電波はまた後日にします。

3日目はフェアギス(CDD)なのですがせっかくなのでエヴォルも呼んでの回答とさせていただきます。
この調子で全員出せたらいいんですがこの後どうするかはまだ未定です←
で、今回は2人に聞いてみたいことがあるんだけど。
「何でしょうか?」
ほら、今日って母の日じゃん。ぶっちゃけお前ら2人にとって家族って何?
「家族…ですか?」
「えー、何っていわれても…そもそも俺家族とか捨ててきたようなもんだし」
「捨てて…? 貴方は迫害者なのですか?」
「まあそうだけど。…そんな目で見るなって、お前ら一族には何もしてないだろ?」
2人とも頼むからここで喧嘩しないでね…余計動かしづらくなるから。
えーっと、2人とも家族がいないようなものだし、本当の家族のことを聞きたいわけじゃなくて…
ほら、例えば2人にとって家族みたいに大切なものって何?
「あー、そういうことか!それだったらまずレジスタンスのみんなだな!
あとラメール一族も。抜けたとはいえ別に嫌いなわけじゃないし」

「迫害者なのに、それでももといた一族を家族だと思えるのですか?」
「俺が嫌いなのはめんどくさい血の掟だけで、今でも一族のことは大切に思ってる。…まああの中に戻りたくはないけど」
今更だけどフェアの考え方って変わってるよね。で、エヴォルはどう?
「私は…、確かに同じ一族のことは大切に思っています。ですが家族のように、とまでは…」
「え、何で?お前は一族を抜けてきたとかいうじゃないだろ?」
「迫害者なんかと同じにしないでください。…一族の皆様は私が子供の頃から優しくしてくださいました。
ですが、他の方とは違う目で見られたのもまた事実です」

まあ色違いだしね。…あんまり言いたくないけど過去があれだしね。
そういえばヴィオレさんは?家族とはまた違うの?
「ヴィオレ様は家族などよりも崇高な存在です。従うべき相手であり、同じ一族よりも遠い方々です」
「家族よりも一族よりも大切な相手ってことか?そんなの俺には想像つかねーけど」
「その言葉は否定しませんが、一族を捨てた迫害者に言われたくはありません」
…すっごい今さらだけど、この2人を一緒に呼んだのは間違ってた気がする。

じゃあもう1個、もし家族に会えたらどうする?
あんまり現実的に考えないで、素直にやりたいことを考えてくれればいいから。
「どうするって言われても…、とりあえずいろんなこと話したいな。
俺が一族抜けてからどうなってるのか知りたいし、他にも言いたいこといっぱいあるし!」

「そうですね…まずは確かめたいです。私にも家族がいたのか、その人が私の家族だったのか」
…なんていうか、2人って家族や血縁の捉え方にずいぶん差があるよね。
「そりゃみんな同じ一族だからな!大切に決まってるだろ!」
「一族内の血縁などは関係ありません。私はただヴィオレ様に付き従うのみです」
…ってか2人とも変わってるよね。迫害者なのに一族が好きだとか、博愛の一族なのに愛情薄いとか。
まあ今さらだけど。

* * * *

母の日ネタがやりたかったのですが、ぼんやりしてたら危なく過ぎそうになりました…
この組み合わせは自分でも驚くほど動かしやすかったです。仲は悪いけど。

あと台詞部分が多すぎて色分けが面倒すぎた…←
PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新記事

プロフィール

HN:
千草はる
性別:
女性
自己紹介:
名前の読みはちぐさ はる。
読みづらい上変換しづらいので
好きなように呼んでください。
何かありましたらpurindayo_9○yahoo.co.jpまで
ご連絡くださると幸いです。

スカイプID:hal_strb
Wi-Fi始めました(別窓)
twitterも始めました
Copyright ©  -- 穴の空いたくつした --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by Didi01 / Powered by [PR]

 / 忍者ブログ